経験からecサイト運営ノウハウを身につけるには

最初は宣伝してアクセス数稼ぎ

消費者が商品を買う決め手となるのは、値段の安さや質、見た目などの情報です。ではその情報はなぜ彼らに知れ渡っているのでしょう。それは企業がTVのコマーシャルやインターネットを使って宣伝をしているからです。物を売るときはまず宣伝をして、商品のいいところを消費者に知ってもらう必要があります。それはECサイトでも同じです。自分のサイトのいいところは何なのか、他のサイトより優れているところは何なのかアピールすることが大切です。また、念頭に置いておいてほしいのが5W1Hという言葉です。このサイトは何を扱っているのか、どんな人がターゲットなのか。どこで販売しているのか、消費者がよく利用する時間帯はいつなのか。そしてどのようなことをやっていくのか。これを明確にすると宣伝しやすくなると思います。

最近ではアフィリエイトを利用して、パートナーにブログで宣伝広告を出してもらい、その人と収益を山分けする方法が注目を集めていますのでこちらも試してみてはいかがでしょうか。

ユーザーにやさしいサイト作り

どんなにいい商品を取り扱っていても、サイト内が無駄な情報であふれかえっていると、消費者は購買意欲は無くなってしまいます。例えば、欲しい商品を検索してそれを買おうとしたら、画面がごちゃごちゃしていて決済手続きをどうすればいいのか分からない、というケースがあったとします。おそらくこの消費者はしびれを切らして別のサイトにいってしまうでしょう。それだけではなくリピート利用もしてもらえなくなるかもしれません。ですので、ぱっと見て必要な情報がどこにあるのか発見することができるように、消費者の目線になってサイトを作っていく必要があります。サイトを出す前に他の人にモニターをしてもらい、意見を聞いてみた方がいいでしょう。

それから、インターネットを閲覧する時の人の目線の動きには法則があるので、サイトデザインの勉強をしておくと有利になるかもしれません。